2008年02月27日

保湿化粧品の成分・効果

乾燥肌で悩んでいる方は、ぜひ保湿化粧品の利用をおすすめします。

このまま乾燥肌を放っておくと、肌が薄くなり、硬いしわができやすくなってり、張りも弾力もなくたるんできてしまうでしょう。

刺激物質や細菌がひび割れて入り込みやすい弱い肌になったり、かさかさで化粧のりの悪い肌にも、乾燥肌の方はなりやすいといえるでしょう。

乾燥肌を放置しておくことは、考えただけでも気持ちが暗くなりそうです。

乾燥肌はあらゆる肌老化の原因といっても過言ではありません。

このように、乾燥肌のマイナス点を言い出したらどんどん出てきます。

乾燥肌のスキンケアを保湿化粧品によって行うことをおすすめします。

どんなふうに、乾燥肌の保湿をすれば良いのでしょうか。

重要なポイントは保湿化粧品の選択で、乾燥肌なんてそのコツが分かれば案外難しいものではないようです。

正しい保湿化粧品を使用すれば、乾燥肌のスキンケア対策をすることができます。

保湿化粧品には保湿力の高い美容成分が含まれているのが特徴です。

保湿化粧品の、水分を包み込んで逃がさない役目をする成分は、セラミド、スフィンゴ脂質、レシチンというものです。

水分をたくさん含むことのできる保湿化粧品の成分は、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンです。

さらに吸湿力のある保湿化粧品の成分としては、天然保湿因子(アミノ酸・尿素・ PCA)、PG、グリセリン、BGがあります。

スキンケアの結果は、乾燥肌の保湿に役立つ成分を知っておくだけでも、ずいぶん変わってきます。

乾燥肌で悩んでいる方は、保湿化粧品の中から、自分の肌に合った保湿を助ける成分が含まれているものを選択しましょう。
posted by bike-ryokou at 16:59| 乾燥肌対策の保湿化粧品の選び方